バッカスの酒酔い日記 ~酒・ラーメン、そしてメタボへ~

池袋を中心に、大衆酒場、立ち飲み、もつ焼き、ラーメン、丼などなど…。そこら中で飲み食いをしております。メタボリックな酔っ払いの戯言を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昼はお得な日替御膳 『酒泉 赤津加』 秋葉原

秋葉原で所用を済ませ、昼メシを求めて歩く。

老舗酒場の赤津加を通り過ぎ…

酒泉 赤津加

・・・過ぎ(バックする)

酒泉 赤津加

酒泉 赤津加

あら?ココって昼やってたの?


そうか、何度も前を通ってたけど昼過ぎ~夕方の時間帯だったから気がつかなかったんだな。

酒泉 赤津加

時間もちょうど11時30分で開店のタイミング。

入口がある路地に進み、中に入る。

酒泉 赤津加

店内は大画面のTVを囲むようにしたコの字カウンター、テーブル席が数席に、小上がり、そして2階もあるようだ。

こちらへどーぞ。と案内されたのはコの字の角の良くTVが見える席。

こちらも着席と同時に日替御膳(700円)を頼む。

酒泉 赤津加

重の状態でかさねられたおかずの器を取ると、下の器にはご飯がたっぷり

ちょっと多いんじゃないかい・・・(おかずの器の幅にピシッと米が敷き詰められて)

さて、内容のほうだけど、おかずは赤魚塩焼きの半身が2枚、要するに1尾が主で、しんじょ、茄子と大根の炊き合わせ、脇には長芋の短冊にトビコを乗せたもの、ニラのおひたしだ。

酒泉 赤津加

これに味噌汁漬け物が付いて700円は安いなぁ。

さて、内容のほうだけど、まずは味噌汁からいただく。豆腐、ワカメ、もやしの入った普通の味噌汁。

店の雰囲気からすると赤だしの豆腐やなめこの汁を連想してしまったが、どうやら違ったらしい。

子株と人参の糠漬けをカリッと食べてみると、これが美味い。(酒をクィっと行きたくなってしまう)

ご飯はぴんっと固めのタイプでこれまた美味く、焼魚に良く合う。(潰れたご飯って汁っ気無いとマズいからね)

赤魚も2枚入っているので、多いと思ったご飯もちょうどいいペースで減ってくる。

他のお客は店員にご飯は普通でいいか確認されてたので、調整が出来るようだ。

味噌汁のほうはおかわりOKで、カウンターに座っていた俺には奥さんのほうから「゛おみおつけ″の御代わりいかが?」と薦めてくれた。

そう、この店ではお女将さん奥さんと読んでいるようで、その奥さんの他にはお運びの女性が外国人と日本人の2名。(この日は)

女性たちの接客は丁寧で感じが良く、奥さんに至っては、お茶が冷めてきたら温かいものと差し替えまでして気を使う。

暑がりの俺には必要無いサービスだが(逆に入れてくれ)なんだか気遣いが嬉しい店だった。

格式張った煩い店と思って夜に飲みに行くことが無かったが、近いうちに飲みできてみようかな?

いやぁ満足。ごちそうさま。
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/08/20(木) 12:05:26|
  2. 魚介、海鮮、刺身(定食・丼)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<携帯通話はOK? 『山家 地下店』 渋谷 | ホーム | 酒も肴も315円 『簸川』 八丁堀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arakuremono.blog102.fc2.com/tb.php/890-5fb57ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

アクセスカウンター(2008.12.08よりスタート)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
池袋に住み、池袋で働く自由人。あ、でも、最近は中央区あたりに出てくことも多いかも。とにかく酒と食が好きな廃人的男。
ホッピーや大衆酒場、ラーメンなどのメタボ食が大好きでございます。
趣味は酔っての記憶喪失と二日酔いです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カクヤスでキンミヤ定期購入中(笑

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。