バッカスの酒酔い日記 ~酒・ラーメン、そしてメタボへ~

池袋を中心に、大衆酒場、立ち飲み、もつ焼き、ラーメン、丼などなど…。そこら中で飲み食いをしております。メタボリックな酔っ払いの戯言を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タレとラードのシンプル中華そば 『共楽』 銀座一丁目

店の前を何回も通りつつ、毎度行きそびれていたラーメン屋、共楽

共楽

今日はここで昼メシを食べることにする。

共楽

まだ正午前だが、界隈の会社員グループ(手ぶら)が中に入っていく。

中に入ると右手に券売機。

さっそく購入・・と思ったら、外国人店員「ワタシ、カイマスカラ、オセキヘドーゾ」

なに?

カタコト+早口で、言われている意味を理解するのに少し時間がかかったが、注文を伝えて店員にお金を渡すと券売機で券を購入して、おつりを返してくれる。

意味あんの?とも思ったが、券売機は入口のすぐ脇、店内にあるので、ここにゴチャゴチャ人が溜まって回転率を落とさないようにしてるのかな?(券売機だって20万、30万するもんなのに、もったいない)


注文から5分して、中華そば大盛(750円)が到着。

共楽

想像していた昔ながらの中華そばとは違い、茶濁したスープに多めのラード。

熱いうちにレンゲで・・ズズズッ・・・

共楽

うむ。

熱々で、見掛けほど脂っこくも、塩辛くもないが、味が薄い

ここで言う味は出汁のことだが、スープに奥行きが無いんだ。

味のベースはもろに醤油であり、その醤油ダレはチャーシューの煮汁を詰めて作ったカエシ(タレ)なのかな?(わからんけど)

と、思いながら卓上の調味料を見ると、胡椒、酢、辣油?

そして、醤油?

いや、醤油挿しの中に凝固したラードがこびりついてる。

これがそのままスープのタレ?

現状で塩っ気は十分なので、かけ回すことはしなかったが、中華そばに対するトッピング以外のサイドメニューは見当たらないこの店。

タレっぽい醤油容器の中身を使うとすれば、中華そばの濃さ調整用と見るのがフツーだろうな。

麺は茹で具合もちょうどよく、太過ぎないところが、鰹節とタレの単調なスープに合って良い。

メンマは細めで柔らかくタレの味が濃いもの、ネギは辛味が強い。

小さめが1枚のチャーシューは当然ダシガラ状態なんだろう?と、思いながら食べてみると、弾力がある肉の旨味が残るモモ肉タイプで、好きな部類のもの。(タレはここから取ってるんじゃないのかな?)

目立って通いたくなるような要素は無かったが、通りすがらにひょいっと入ってしまいそうな気がする。

ただ、もうちょっと安いと嬉しいかな。

大盛がプラス50円なのはお得だけど、シンプル系にしてはちと高いかも。

これで500円台だったらパチパチしてもいいんだけどな。

まぁ、銀座でやってるんだから仕方無いか。

共楽

ごちそうさま。
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2010/03/11(木) 11:52:09|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<豚骨らーめん+まかない丼でお得 『ぐうたら』 三鷹市東八道路沿い | ホーム | こだわり調味液で濃さ自在 『幸屋』 尾山台>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arakuremono.blog102.fc2.com/tb.php/1211-5954dca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

アクセスカウンター(2008.12.08よりスタート)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
池袋に住み、池袋で働く自由人。あ、でも、最近は中央区あたりに出てくことも多いかも。とにかく酒と食が好きな廃人的男。
ホッピーや大衆酒場、ラーメンなどのメタボ食が大好きでございます。
趣味は酔っての記憶喪失と二日酔いです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カクヤスでキンミヤ定期購入中(笑

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。