FC2ブログ

バッカスの酒酔い日記 ~酒・ラーメン、そしてメタボへ~

池袋を中心に、大衆酒場、立ち飲み、もつ焼き、ラーメン、丼などなど…。そこら中で飲み食いをしております。メタボリックな酔っ払いの戯言を綴っております。

蕎麦をたぐりながら… 『登知喜屋』 南千住

2軒飲み歩き、帰ろうかと思ったが外は雨。

うーん。

いいところで蕎麦屋を発見。

登知喜屋

ほほう・・値段も手ごろな感じだし

登知喜屋

とりあえず中に入って、メニューをチェック。

登知喜屋

登知喜屋

登知喜屋

蕎麦を手繰りながらやるのも悪くない。

登知喜屋

そう。

蕎麦を手繰りながら・・・

登知喜屋

かつ丼っていうのも悪くない。

登知喜屋

蕎麦とサラダとかつ丼で900円だったら安い。

登知喜屋

安いけど・・・

登知喜屋

お腹がいっぱいで・・・

登知喜屋

またもや、酔っ払ってミスを犯してしまったようだ。

あわわ・・・

登知喜屋

ご、ごちそうさま。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/08(金) 20:01:43|
  2. 酒場(荒川区)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チューハイの元祖、ホイスが飲める 『鶯酒場』 南千住

大坪屋のチューハイが脳を浸蝕し始めた頃、2軒目を求めて入ったのは駅前のプレハプ調の建物。

南千住

元々の状態が解らないのでなんとも言えないけど、看板や暖簾を見る限りは老舗ばかり。

南千住

もつ焼のカミヤがあるんだから間違いないだろう。

南千住

駅前を再開発するに当たっての仮店舗という形だろうか?

まぁ、どんな店かは入れば解る。

カミヤにしようか…どうしようか…

少々迷った結果、ホイスの店と掲げる鶯酒場にした。

鶯酒場

鶯酒場

カウンターの角っちょに腰をかけ、頼むのは当然ホイスハイボール(300円)。

鶯酒場

ごきゅり…。

うーむ、相変わらずの香料くさいと言うか薬くさいと言うか…

なーんか飲んだことがある味なんだよなぁ。

と、思ったら、ホイスのベースはズブロッカなんだって。(昔は冷凍庫に入れ常飲してたから、懐かしいハズだ)

鶯酒場

つまみのほうは店の色が出やすい料理を2品。

煮込み(320円)

鶯酒場

ちぎりこんにゃくが多めに入って、くったりと煮込まれた煮込み。

量も値段もちょうどいいくらいで、飲兵衛にはいいつまみだ。

ポテトサラダ(350円)

鶯酒場

ハム、キュウリ、ニンジンが入った、オーソドックスで薄味のポテトサラダにはオートマチックでソースが付いてくる。

お好みでこれをぶっ掛けて・・・

鶯酒場

むふむふ。。。

まいうーですな。

鶯酒場

テレビを見ながらホイスをもう1杯。

鶯酒場

店員は無愛想でもなく、うるさくもなく、イイ感じの対応。居心地良し。

1軒目の大坪屋とは真逆のタイプだけど、どちらを選ぶかはその人の好み次第。(俺は飲めればどっちでも!)

2杯目のホイスを飲み干したところで、お会計。

鶯酒場

1270円を支払い、ごちそうさま。
  1. 2009/05/08(金) 19:23:33|
  2. 酒場(荒川区)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュワッと強炭酸チューハイ 『大坪屋』 南千住

今日は南千住まで遠征。

飲み以外では何回も来た事があったけど…

なんか綺麗な街に変わっちゃったな。

つくばエクスプレスが通って、駅も改築されたのか、小綺麗な郊外のベッドタウンみたい。

南千住

新築中のマンションの脇を通り過ぎ、ガード下の大坪屋へ。

大坪屋

大坪屋

カウンターに腰掛けて、メニューを眺める。

どうやらオーダーを取りにくるような習慣はなさそうなので、

「すいません、チューハイ」

と、声を掛け少し待つ。

5分経過…

他もオーダーが通って無かったので、単に手が回らないだけかと思いきや、忘れていた模様。(前の客の食べ残し食器があったため、飲みを終えてTVを見てると思われたか?)

気を取り直してチューハイ(200円)でスタート。

大坪屋

つよーい炭酸で割られた焼酎は激ウマ。

今日もたっぷり汗をかいたので、くぅーっと染み渡る。

さて、ツマミを頼みたいところだが…

こちらの声になかなか反応しない。

店のおばちゃん…聞こえてるのか無いのかわからん。

大坪屋

親父さんのほうはリアルに聞こえていない様子だ・・・

大坪屋

隣の席のおじさんはオーダーがとおらなすぎてたまらず、ビール1杯に冷奴で退散・・・。

どぜう(どじょう)を頼んでた客は、いつもあるもんじゃないんだからね!と怒られていたり・・・(店頭看板にあるメニューも定番メニューじゃないのね・・・)

フツーの人なら帰りたくなってしまいそうだが、俺はそんな軟弱な酒飲みではない。

こうなったら意地でも満足行くまで飲み食いをしてやろうと思った。

目の前を素通りするおばちゃんを捕まえて、まぐろぶつと牛にこみ(250円)を注文。

するとまぐろぶつ(200円)は無いからまぐろ刺し(350円)?と聞かれ、じゃあそれにする。

少し待ちまぐろ刺しが到着。

大坪屋

ちと小振りすぎやしませんか?という感じだが、やっとありつけた食べ物。味わっていただく。(俺と同じようにまぐろ刺しを薦められてた客がいたが、その後にまぐろぶつの注文が通ってる客が・・・ホントはあったのか??)

この頃にはチューハイをおかわりするタイミングをつかみつつあり、それはいいんだが牛にこみが来ない…

目の前の寸胴から確実に美味いにほひを漂わせているのに…(なんなら自分でよそうぞ!)

大坪屋

そこへ料理を運びに来た調理のお兄さん

こういうトキはなんにも無かったかのようにスマートに注文するべし。

「ににににににこみください!」

さすがはお兄さん、すぐに持ってきてくれた。

大坪屋

つか、これ、美味いっす。

決して待たされたから腹が減ってたわけではなく、美味い。

そして、炭酸激ツヨのチューハイにもよーく合います。

大坪屋

本日3本目入りました!

いやー・・・しっかし、効きますね。

こうなったらとことんいってやらにゃ・・・

大坪屋

この段階まできてしまうと、フツーのチューハイではちょっと薄いので、

炭酸1本に対して、2回のナカ(150円)をとるようにする。

んでもって、つまみも軽く追加。

大坪屋

ぷはー・・・

大坪屋

追加で来たウインナー炒め(250円)

大坪屋

こいつを食べながら、4本目の炭酸、5杯目の中身を飲み終えたところで終了。

酎ハイ(200円)×4、焼酎中身×2(150円)、まぐろ刺し(350円)、牛にこみ(250円)、ウインナー炒め(250円)でお会計は1950円。

大坪屋

会計はきっちりと終わった皿から計算。

お会計!と声をかけると異様に反応が早く・・・すぐに対応してくれた。(ホントは全部聞こえてたんじゃ??)

度肝を抜かれる接客の悪さだけど、ある意味雰囲気がある店だった。

大坪屋

好き嫌いはモロに分かれるだろうから、自分で再訪することはあっても人を連れて行くのは難しい店かもしれない(笑)

機会があったらまた来よう。

ごちそうさま。
  1. 2009/05/08(金) 19:02:07|
  2. 酒場(荒川区)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男蕎トリソバ 『ソバール・アマンシオ(オルテガ)』 八丁堀

またまたやってきました八丁堀。

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

八丁堀と言えば新店のアマンシオ。

ランチのニクソバ、夜のバールで飲み、今回はランチのトリソバに挑戦。

ほー、垂れ幕を追加したのか?

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

『男蕎ニクソバトリソバ』

男蕎って、読みがわからんが…

まぁいいとして、路地を入ったところにあるランチ入口へ。

入って右側の券売機…

…が、無い?

店内を見回すと、大通り側に券売機が移動されてる。(ガーン…たらたらしてる間に最後尾になってしまった)

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

気を取り直してトリソバ(690円)の食券を購入して列に並ぶ。

列に並んでいる間にも店員から「食券お願いします」コールがあり、手際良く蕎麦を茹でているので待ち時間はさほどでもない。

セルフで割り箸と水を取り、お盆にのっけて席に移動する。

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

ルックス的にはは、前回よりも盛りが弱い…

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

なぜだ?(単純に原価低減か?)

……

あっ!

トリソバは漬け汁の中に具が入ってるからか。(納得)

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

さっそく、蕎麦をグイッと手繰り寄せ、汁に投下。

ズズズッ…

むっ?ニクソバの汁は冷だったけど、こちらは温か。

具の鶏肉も軟らかくて温かいので美味い。

蕎麦と具がセパレートになっているので、こちらのほうが蕎麦同士のムダな絡みも少ない。

しかーし!

半分食べ終わったところで、青いカゴに入った無料生卵を蕎麦の器に投下。

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

混ぜ混ぜ…

むほほ、大量の胡麻と海苔が邪魔をしていた蕎麦同士の絡みは、卵が潤滑油の代わりになり解消。

んでもって、蕎麦の旨味アップ!

横のお嬢さん、友達に「卵はどっちに入れるの?」とたずね…「汁に入れたよ」との回答を貰うも…

こちらをチラ見後…

蕎麦に投下!(笑)

そうだ、それでいい!

たんぱく質コレステロールたっぷりの卵を汁で薄めてはいけない。

麺に絡ませ、残さず食すべし。

これであなたも立派なメタボ予備軍になれます。

最後のほうはまたまた無料の揚玉をちらして、蕎麦を完食した後は蕎麦湯をどぼどぼっとかけて飲む。

ぷはーって感じで満腹。

感想はニクソバよりもトリソバのほうが完成度が高い。っつー感じです。

しかしながらこの店、デジカメ&ケータイで料理や店内を撮影してる人、かなり多いですなぁ。

池袋をはじめ、いろんなところで飲み食いしてますが、ほんとたまぁに撮影してる人を見掛けるくらい。

ココでは4人もいらっしゃいました。(俺を含めると5人、使用目的はわからないけど、まぁ順当に考えればブログだろうな。)

ココの店がブロガー好みというより、ここらのエリアにブログをやってる人が多いってのが普通の考え方だよな。

とにかく、特色があってイイお店です。

一度は食べにいってみるべし。

ソバール・アマンシオ(オルテガ)

ごちそうさま。
  1. 2009/05/08(金) 12:51:56|
  2. 蕎麦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

アクセスカウンター(2008.12.08よりスタート)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
池袋に住み、池袋で働く自由人。あ、でも、最近は中央区あたりに出てくことも多いかも。とにかく酒と食が好きな廃人的男。
ホッピーや大衆酒場、ラーメンなどのメタボ食が大好きでございます。
趣味は酔っての記憶喪失と二日酔いです。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カクヤスでキンミヤ定期購入中(笑

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する