FC2ブログ

バッカスの酒酔い日記 ~酒・ラーメン、そしてメタボへ~

池袋を中心に、大衆酒場、立ち飲み、もつ焼き、ラーメン、丼などなど…。そこら中で飲み食いをしております。メタボリックな酔っ払いの戯言を綴っております。

忘れちゃいけない名古屋〆の一杯 『名大きしめん 住よし』 新幹線名古屋駅ホーム

名物を散々食い歩き、最後はバテてカラオケで小休止。

お土産屋などを覗いて、いよいよ出立。

すると、友達の一人が腹減った・・・と言い出す。

本当におかしな胃袋をしていると思う。

それに感化され、名古屋在住の友達から提案。

「実は名古屋駅ホームのきしめんが一番美味い」と・・・

イチオシのラーメン店で大ブーイングを浴びて、ムキになっているのだろうか?

入場券を購入して、俺らと一緒にホームへ。

階段を上って少し歩くと

a

ありました、きしめん住よし

a

大丈夫なんだろうか?東京に点在する延びたそばを提供してくれる駅の立食い的な感じだが・・・

とりあえず券売機で親子きしめん(500円)の食券を購入。

立食い蕎麦をほぼ同等のスピードで登場。

a

見た目はうどんみたいな感じだけど、麺がベロベロトゥルトゥル・・・

親子は温泉玉子+鶏肉。

a

鶏肉はメンマみたいに見せるかもしれないけど、スライスが何枚も入っていてなかなかのボリューム。

これは相当コスパがいい。

しかも美味い。

そんなに腹は減っていなかったが、ごらんの通り

a

丼の中身をすべて食す。

昼間に食べた名物うなぎも美味しいが、毎日食べられる味と価格、

最後に名古屋のソウルフードで〆られてヨカッタ!

こんな日記を書いていると、きしめんの食感を味わいたくなる。

そんな味だった。

これで楽しい、美味しい街、名古屋ともお別れ。

a

いやぁ、楽しかった。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/23(火) 19:09:27|
  2. うどん、その他麺類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋めしで飲む 『ばっかす THE 禅』 名駅付近

うなぎを堪能し、帰りの仕度を済ませてから名駅付近で飲む。

トヨタのでっかいビルの地下に入っている、ばっかす THE 禅に入る。

a

なんでも名古屋で50年の老舗らしいが、このビル自体新しいし、店内もかなりキレイ。

明らかに改装か移転した店だ。

とりあえずレモンサワー(450円)で乾杯!

そんで食っておかなきゃいけないものをオーダー。

大人気!味噌カツ(980円)

a

具沢山の牛スジどて煮(600円)

a

いい場所に入っているだけあって、なかなかいい値段を取っている。

味も老舗のクセがあるような味ではなく、デパートに入っている店のように感じる。

同じご当地ものでものんき屋とは対極にある。

家族連れやカップルにはいい店かもしれない。

そんな雰囲気は無視して俺たちは飲み続ける。

「ピッチ早いわねー!」と店のおばちゃんに言われても、気にせず飲む。

もはや名物など気にせず、普通のつまみも頼み

a

普通に酔っ払う。。。

腹もいっぱいだ・・・

決して安くは無いけど、名駅の近くで名古屋めしを一通り味わえる店としてはいいんじゃないだろうか?

しかし・・良く飲み、良く食った旅だった。

新幹線まであと少しあるが、お会計。

ごちそうさまでした。
  1. 2008/09/23(火) 17:05:07|
  2. 酒場(名古屋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋名物ひつまぶし。ならぬ、うなぎ釜まぶし 『三福』 金山

名古屋二日目の夜を満喫して今日も早起き。

てか、俺だけ一番遅く寝て一番早く起きてる。

せっかく遠方に来ているのに、睡眠で時間を削るのはもったいない。

皆が寝てる間に、友達の自転車を借りて金山の街を探索。

駅の周りと小道などを一周していたら、いいにおいが漂ってきた。

a

ここか・・・?

うなぎ屋だ。

a

値段も手ごろだし、゛ひつまぶし″ではなく゛釜まぶし″というのも面白そう。

さっそく家に戻って、友達を勧誘。

二つ返事でOKが出たが、時間はもう午後2時前(営業時間は2時までなのだ・・・)

一駅も無い距離だが、これを逃して東京には帰れない。

タクシーを拾って現場へ急行。

間に合った。

a

まずはビールを頼んで乾杯。

a

うなぎの他にも刺身や煮物、焼き物、各種つまみがそろっている(暖簾の鰻の脇に割烹とあるもんな)

が、今日は始まったばかり。

おとなしくうなぎを頼む。

釜まぶしを頼むと、まずは薬味が置かれる。

a

薬味だけ食っても仕方が無いので、食べ方が書いてある説明書を熟読。

a

すると、まずは漬物が届き(ビールのお供として先に出して欲しかったような・・・)

a

次々と品が届いて

a

釜を開けると美味そうなうなぎがあふれんばかりに

a

取り分け用の茶碗によそって食べてみると、うなぎは表面がパリパリ!

中はふっくらと焼きあがっていてグッド!

山椒なども軽く振って、説明書その一の通り1/3を普通に食べる。

肝吸いもついてくるので、こいつもズズッっと。

a

続いて説明書その二の薬味、わさびを加えて食べる

a

これまた美味い!

a

うなぎとタレのこってり濃厚の後味をあっさりすっきりで〆てくれる。

ガッガッ!と掻きこんでその二をクリア。

最後に説明書その三の茶漬け。

その二と同じ要領で茶碗に持ったうなぎ飯に、店のおばちゃんが用意してくれたきゅうすからお茶を注いで・・・

a

こ、こりゃうみゃー!

a

一人、無頼派を気取って白焼の定食を頼んでた友達は恨めしそうにこちらを見ていた。

最終日にして、かなり満足な名古屋飯を堪能できた。

あとは帰りの新幹線まで飲みだ。

どうもごちそうさまでした。
  1. 2008/09/23(火) 15:07:11|
  2. その他、丼、重、定食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋ツアー二日目 『酒場から酒場、ちゃんぽん、クラブ、ラーメン・・・』 金山⇒大須⇒名駅⇒錦三⇒栄⇒東新町

今日は大須で二軒、名駅付近で一軒の酒場をはしごし、

a

栄でカラオケ

a

錦三でちゃんぽん

a

一回家に帰って体制を整え、栄にあるクラブ『iD CAFE』へ。

a

愛知以外にも、静岡、岐阜などから人が集まるクラブでけっこう盛り上がってる。

エントランスで4ドリンク:2000円。

ドア代含めて一杯500円の計算だから、バーに行くより断然安い。

a

クラブの酒は安っぽくプラスチックグラスに入ってくることが多いけど、ここはちゃんとグラスで提供してくれる。

11時過ぎに入って、今日は午前1時のクローズ。

短時間だが飲んで騒いで汗をかいて、いい運動になった。

せっかく気分が盛り上がったところだったが、飛び休の祝前日なこともあり、どこのクラブもクローズが早い。

結局いいハコが見つからず、友達らの意向でラーメン〆ということになる。(俺はちゃんぽん食ったのに・・・)

a

名古屋の楽しい二日目が終わった。
  1. 2008/09/23(火) 02:30:21|
  2. 日記・雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋流。台湾ラーメンを食す 『藤一番 新栄店』 新栄

クラブを出て、3人でふらふらと歩き回る。

飲みなおそうか?という話も出るが、みんなも疲れている感じだし簡単に〆ようかと。

a

東新町から新栄の境目くらいにあるラーメン店。

県内で20~30店を持つチェーン店らしい。

a

とりあえずは名古屋各所で見かける台湾ラーメンを頼んでみますか。

価格は740円+100円(午前0時以降は深夜料金として麺類は100円(税込)増しにさせて頂きます。って)

a

こってり目の油にからーいスープ。

鶏ガラスープの醤油ラーメンに炒めた挽肉と唐辛子をぶっこんであるような感じ。

定義は豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたもの。らしい。

ニラとニンニクが入ってて、代謝アップに最適な味。

坦々麺みたいに胡麻の甘すぎる感じが無くてイイ。

汗をたっぷりかいて完食。

個人的には常食してしましそうな味。

名古屋の流行ラーメンを舐めちゃいけない。

しかしながら、深夜料金はいただけないな(笑

ごちそうさま。
  1. 2008/09/23(火) 02:06:08|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

アクセスカウンター(2008.12.08よりスタート)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
池袋に住み、池袋で働く自由人。あ、でも、最近は中央区あたりに出てくことも多いかも。とにかく酒と食が好きな廃人的男。
ホッピーや大衆酒場、ラーメンなどのメタボ食が大好きでございます。
趣味は酔っての記憶喪失と二日酔いです。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カクヤスでキンミヤ定期購入中(笑

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する